家族葬に参列するべきかどうか

  • 理想的な家族葬を実現するなら

    • 最近は従来のように多くの参列者に来てもらう葬儀ではなく、ごく親しい身内だけで葬儀を行う家族葬が人気を集めています。

      個人と本当に親しい間柄の人たちだけが集まるので余計な気遣いが不要なうえ、コストも抑えることができるので、これからもますます需要が増えることが予想される新しい葬儀の形態です。

      ただし家族葬はその特徴ゆえに、思わぬトラブルを招いてしまうこともあります。

      特に親族とのトラブルには注意しておかなければいけません。

      家族葬が最近話題になっています。

      親族の中には従来の葬儀にこだわる人もおり、家族しか招かないとなると文句をつけてくる可能性も十分にあります。

      故人が家族葬を希望していた場合でも、残された遺族が親族ともめてしまうのは避けたいものです。

      家族葬をおこないたいのであれば、この問題が起こらないように最善を尽くしておくことが必要です。

      そこで理想的な家族葬を行いたいのであれば、生前から葬儀社と契約を結んでおくのも有効なひとつの方法です。

      いわゆる生前予約と呼ばれるものですが、あらかじめ本人が葬儀社にこのような葬儀をしてほしいと伝えておくことができるので、もし急な不幸が襲った場合でも本人の希望通りの葬儀を営むことが可能になります。

      いろいろなYOMIURI ONLINEについて親身になってアドバイスいたします。

      また本人から親族にこのような葬儀を行うとあらかじめ説明しておけば、残された遺族が親族と葬儀の形態のことでもめることもなくなるでしょう。ただし生前予約にもデメリットがあります。



      それは葬儀社が倒産してしまうケースです。生前予約に多額のお金が必要な時は特に注意が必要です。

top