家族葬に参列するべきかどうか

  • 家族葬の参列の可否と服装

    • 家族葬に参列する人の範囲は故人が生前に決めたり、喪主が決めたりすることなため、参列願いを案内されたときだけ家族葬に参列するのが良い方法になります。

      遺族側から直接会ったり、電話があったりして訃報の連絡を受けたときには、家族葬に参列することに迷いが生じることはありません。


      訃報の案内は原則として、故人が亡くなってしまった事実と葬儀の詳細が記載されています。

      参列していいものか迷ってしまうケースとして挙げられるのが、故人が亡くなってしまったということを伝える内容は記載されているが、葬儀の詳細についての案内がないというケースになります。この場合、参列を辞退していただくようお願いされている記載があった場合は参列は差し控える必要があります。

      人気上昇中の家族葬に関する特集が満載です。

      そして、はっきりとした参列を辞退していただくようお願いされている記載がない場合でも、葬儀の詳細について案内がないようであれば、やはり参列は差し控えた方が良いということになります。


      葬儀に適している服装については、基本的に喪服か、礼服ということになります。

      livedoorニュース情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

      男性の服装は、シングルスーツでもダブルスーツでも構わないのでブラックスーツにする必要があります。白いシャツを着用し、ネクタイや、靴、靴下については黒色で全て統一をします。

      女性の服装は、黒色のアンサンブルやワンピース、スーツなどが適しています。



      肌を露出するのは差し控えて、ストッキングや、靴、バッグなどについては黒色で統一をします。

top